任意整理を相談するのに最適な法律事務所を紹介します

任意整理相談.com

東京都

高円寺で任意整理を相談できるおすすめの大手法律事務所と正しい事務所選び

投稿日:

[画像]

高円寺で任意整理を相談・依頼する場合はどのような法律事務所を選ぶのがいいのでしょうか。

また、どのようなポイントで事務所選びをすればいいのでしょうか。

高円寺で非常に重要な任意整理をどこに任せるか、費用や流れもしっかりと確認したうえで、安心できる事務所を見つけて決めるようにしましょう。

高円寺で任意整理をする前に債権額を把握しよう

任意整理を検討する場合、まずは債権額を把握しなければなりません。

法律事務所へ相談する場合は、弁護士事務所と司法書士事務所がありますが、どちらに相談すればいいのか迷うものです。

弁護士事務所か司法書士事務所か選ぶ際の最も重要なポイントが債権額です。

以下のように一定の金額を下回るなら司法書士事務所、上回る場合は弁護士事務所へ相談しましょう。

140万円以下の債権額なら司法書士に相談するのがお得

最高裁の平成28年6月27日判決により、司法書士は債権額が140万円以下の場合、任意整理手続きができるようになりました。

この「140万円以下」については、個別債権ごとの価格を基準になります。

そのため、複数の業者に複数の債権があり任意整理する場合も個別の債権ごとの価格が140万円を越えていない限り、司法書士が手続きすることができます。

司法書士は140万円以下の民事訴訟の和解や交渉、訴訟代理権などが認められ、一審の担当はできますが、それよりも上級審の場合は別の弁護士への依頼となります。

債権額が140万円以下の場合は弁護士事務所よりも料金が安い司法書士事務所へ相談・依頼するのがお得です。

140万円を超えるなら弁護士に相談しよう

140万円以下であれば司法書士事務所でも対応できますが、140万円を超える場合は弁護士事務所に相談をしましょう。

司法書士に与えられる訴訟代理権が簡易裁判所までなのに対し、弁護士に与えられる訴訟代理権は最高裁判所まで及ぶため、訴訟がもつれて控訴されても新たに弁護士を探す必要もありません。すべての対応を弁護士に任せることができます。

また、一般的に弁護士事務所は司法書士事務所よりも料金が高い傾向がありますが、着手金無料などの弁護士事務所も増えていますし、費用の支払いを分割できる制度もあります。

ただし、弁護士事務所も非常に数が多いため、相談・依頼する場合は借金整理を専門に扱っている弁護士を選ぶようにしましょう。

高円寺で任意整理を相談するなら法律事務所の費用を知ろう

弁護士事務所・司法書士事務所、どちらに相談・依頼する際も費用が発生します。

どのような費用がどれくらいかかるか?

相談料

相談料とは弁護士や司法書士に任意整理の相談をする際にかかる費用のことです。

依頼をする・しない、仕事を正式に引き受ける・引き受けないに関わらず発生する費用です。

30分〜1時間単位で時間料金を設定している事務所が多いです。

ただし、相談料無料にしている事務所も少なくありません。

着手金

着手金とは弁護士や司法書士に正式に仕事を依頼した際にかかる費用です。

着手金に関しては、各事務所で自由に設定できるようになっています。

そのため、着手金無料の事務所もあれば、2万円程度かかる事務所、4万円程度かかる事務所などもあります。

任意整理の場合は業者1社ごとに0〜4万円程度を設定している事務所が多いです。

仮に途中で弁護士・司法書士への委任契約を解除したとしても着手金は戻ってきません。

基本報酬

基本報酬とは任意整理に成功した際に支払う費用のことです。

事務所によっては基本報酬と着手金を合わせた金額を基本報酬として提示している場合もあります。

業者1社あたりの基本報酬の相場は約2万円です。

成功報酬

成功報酬とは過払い金を回収できた場合に支払う費用のことです。

相場は、取り戻した金額の約20%となっています。

そのため、回収した金額が高いほど成功報酬が高くなるのが一般的です。

減額報酬

減額報酬とは債務が減額した場合に支払う費用のことです。

減少した債務額の約10%が相場となっています。

任意整理の流れ

任意整理を完了させるには時間がかかります。

どのような手順を踏み解決へ向かうのか、基本的な流れについて見ていきましょう。

意整理の無料相談

弁護士事務所や司法書士事務所に任意整理の相談をします。

弁護士との委任契約

相談して、信頼でき任せられる弁護士・司法書士であれば任意整理委任契約を締結します。

受任通知の送付・取引履歴の開示請求

委任契約を締結した後は、金融業者へ受任通知を送付してすべての取引履歴の開示を請求します。

金融業者から取引履歴が届くのに1週間〜1ヵ月程度かかります。

引き直し計算

取引履歴をもとに利息制限法による引き直し計算を行います。

弁済原資金の積立ての開始

金融業者へ受任通知が到着した時点で金融業者から依頼人への取り立ても止まりますので、将来のために弁済原資金の積立てを開始します。

過払い金の返還請求

引き出し計算を行った結果、過払い金が発生していることがわかった場合は、過払い金返還請求をします。

和解案の作成・送付

弁済原資金の積立てや過払い金回収が完了したタイミングなどで、各債権者へ向けた和解案を作成します。

分割払いや利息カットなどを定めることが多く、和解案作成後は各債権者へ送付します。

和解交渉

各債権者へ送付した和解案をもとに和解交渉をします。

特定調停

和解交渉が上手くいかなかった場合は、特定調停手続きを利用することもできます。

和解契約の締結

債権者と和解が合意した場合は和解契約の締結をします。

一般的に和解書を取り交わし、法的効力を持たせます。

和解に基づく返済

和解契約が成立した後は、和解に基いて返済をしていきます。

一般的に弁護士・司法書士へ費用を支払った後に債権者への支払いが始まります。

高円寺で任意整理を相談する際の法律事務所の選び方

法律事務所を選ぶ際のポイントはいくつかありますが、以下の「費用」「人柄」「実績」はおさえておきたいポイントです。

これから、依頼する法律事務所を決める場合は、これらのポイントを重視して選んでみましょう。

依頼費用は高すぎない?

多くの場合、任意整理をする際はお金に余裕がありません。

しかし、相談・依頼にかかる費用は法律事務所によってバラバラです。

「費用が高い方が安心」ということはありませんので、支払える範囲内か?高すぎないか?

確認したうえで事務所選びをするようにしましょう。

弁護士や司法書士の人柄が大事

弁護士や司法書士の人柄が良いかどうかも事務所選びの重要なポイントです。

弁護士や司法書士の中には「非常に協力的に見える人」と「協力的に見えない人」がいます。

任意整理は、解決するまでに非常に長い時間を要することも珍しくありません。

自身のデリケートな内容を相談することにもなるため、親身で協力的な人に相談・依頼した方が気持ちよく進めていけますし、安心もできます。

親身・協力的ではない、対応が悪いと感じる弁護士・司法書士には依頼しない方が良いでしょう。

大手事務所のほうが実績において安心

弁護士事務所も司法書士事務所も全国にある大手事務所と各地域のみで運営している中小事務所があります。

どちらも一長一短はありますが、依頼する事務所を決めていない場合は大手事務所の方が安心できるかもしれません。

なぜなら、全国に展開しており任意整理の実績も豊富なため、スピーディーに良い結果が出ることが期待できます。

相談・依頼にかかる費用も決して高くない事務所が多いです。

電話も可!まずは大手法律事務所に無料相談を

実績豊富な大手法律事務所では、無料相談を行っていますし電話での相談も可能です。

まずは、専門家に気軽に状況を相談してみましょう。

どのような結果が期待できるのか、親身に相談に乗りアドバイスをしてくれるはずです。

-東京都

Copyright© 任意整理相談.com , 2018 All Rights Reserved.